[PR]腸を鍛える。
「酪酸菌」で整えるの一歩先へ

腸内環境を整える時代から、
酪酸菌を使って腸を鍛える時代へ。

「腸内の有用な菌に働きかけ、腸内環境を整えるのが基本」とされてきたこれまでの腸活に新たなメソッドが登場! それが「酪酸菌が作り出す酪酸を利用して“腸を鍛える”」という新たな考え方。そのメカニズムや酪酸菌の可能性について腸内フローラ研究の第一人者に解説してもらいます。

「整える」から「鍛える」腸活へ

全身の健康を左右するとして、世界規模で研究が進んでいる腸内フローラ。腸内には1000種類以上、100兆個もの菌が存在し、その中で今注目を集めているのが「酪酸菌」だ。酪酸菌とは、食物繊維をエサとして「酪酸」を産生する菌の総称。大腸の上皮細胞はエネルギーの約60〜80%を酪酸から得ていることからも分かるように、酪酸菌は腸にとって非常に重要な存在だ。

  • 酪酸をはじめとする「短鎖脂肪酸」が元気な腸をつくる
  • 大腸にすむ有用菌は食物繊維をエサにして「短鎖脂肪酸」を産生する。短鎖脂肪酸には酪酸、酢酸などがあり、なかでも酪酸は大腸の主要なエネルギー源として使われている

これまでの腸活といえば、さまざまな菌をプロバイオティクスとしてとり入れることで、腸内環境を「整える」のがメインだった。しかし、さまざまな研究によって酪酸菌が産生する酪酸の働きが明らかになってきた昨今、そこから一歩進んで酪酸菌によって「腸を鍛える」という、これまでにないアプローチで腸の機能を維持・向上できる可能性が見えてきている。

  • 健康な腸内フローラには酪酸がカギ
    大腸内で酪酸などの短鎖脂肪酸が生成されると、腸内が弱酸性になり、有害な菌の増殖が抑えられる。また、酪酸には大腸の上皮細胞の代謝を促す働きもあると報告され、代謝を促すことで酸素を消費し、大腸を低酸素の環境にする。それにより、ビフィズス菌などの酸素を苦手とする有用菌が活動しやすい環境になる。つまり酪酸は、「弱酸性」「低酸素」という2つの面から良好な腸内環境に貢献し、太陽の健康を保つのに欠かせない重要な物質と言える

健康長寿者の腸には酪酸菌が多い

京都府立医科大学による「京丹後長寿コホート研究」では、長寿者の腸内には酪酸菌が多いことが明らかになりつつある。

この研究の腸内フローラの解析を担当されている同大学消化器内科学教室の内藤裕二准教授*は、「この結果とは対照的に、体調不良により外来を受診する人の腸には酪酸菌が少ない。こうしたことから、酪酸菌の摂取が健康長寿に何らかの貢献をすると推測できる」と話す。やはり酪酸菌によって腸を鍛えるのが今後の腸活のポイントとなりそうだ。

* 内藤裕二准教授(京都府立医科大学 消化器内科学教室)
消化器病学の専門家として最先端の研究を行う傍ら、臨床の場で30年以上にわたり5万人以上を診察した経験をもつ。

酪酸菌を増やすために、日常生活で意識したいのが運動と食事。運動は1日30分程度、少し息が上がるくらいが目安。ランニングやサイクリングなどの有酸素運動も有効とされる。

運動によって酪酸を産生する酪酸菌が増えることが研究によって明らかになっている。

  • 運動によって酪酸を産生する酪酸菌が増えることが研究によって明らかになっている。 グラフ1
  • BMI別に分けた2グループが中程度から強度の30〜60分間の運動を週3回、6週間続け、その後6週間は運動しない生活を送った。その結果、BMIにかかわらず運動期間中に酪酸菌が増え、運動をやめた後は減少した。この結果は普通体重かやせの人でより顕著だった。
    出典:Med Sci Sports Exerc. 2018 Apr;50(4):747-757
  • 運動によって酪酸を産生する酪酸菌が増えることが研究によって明らかになっている。 グラフ2
  • プロラグビー選手と座ることが中心の生活習慣の健常者の便を比較したところ、ラグビー選手の腸内には酪酸などの短鎖脂肪酸が多かった。このことから、運動と酪酸の関連が示唆される。
    出典:Gut. 2018 Apr;67(4):625-633

食事では、食物繊維を積極的に摂取することで酪酸菌にエサを与えることができる。また、酪酸菌そのものもとりたいところだが、酪酸菌を含む食品は身近なものではぬか漬けと臭豆腐くらい。

補給するには、酪酸菌を配合したサプリメントや整腸剤などを利用するのも一つの手だ。

関連リンク